LOG IN

夕凪のように

治療家としての私が一番大切にしていること。治療を受ける相手からフィードバックして返ってくるものを、私もちゃんと受け取ること。決して一方通行にならず、それでいて少しだけ強く力を与える。与える力が強すぎれば受け取るほうは苦しいし、弱ければ届かない。 しかしひどく弱ってしまった人は、健康を目指すための一歩を踏み出すことができずに、時には自

体のリズムを変える

背骨を整える調整を今まで受けてこなかった方は長年凝り固まったところがあるため、当院を初めて訪れそこを解き放ってあげると、「今までどこに行っても良くならなかったんです」とびっくりするぐらい喜んでくれます。またギックリ腰などの急性の症状の場合は、可動域を超えて動いた背骨が原因で強い炎症を起こしていることがあります。その背骨を元の位置に

おなかからパフォーマンスを上げる

近年のスポーツ理論において、「体幹を作り、軸がぶれないように動く」ということをよく言います。ではこの体幹や軸というのは何のことでしょうか。 これはまさに背骨のことであり、背骨とそれを支える筋肉や靭帯が安定していながらも、いかにスムーズに動くかが重要になります。背骨は頭蓋骨、骨盤とともに呼吸と連動して動きます。そして頭蓋骨と背骨の中に

成長期の子どもたち

成長途中で体がまだ出来上がっていない子どもたちは、日々変化しています。 そのため成長の時期を大切にすることで、将来出来上がる体質が大きく変わります。 まず子どもたちは、未熟なため色々と症状が出やすいと知らなくてはなりません。 成長期の子どもたちは体を作り上げるため、消化器が中心の副交感神経優位になっています。反面、循環器をコントロール

なんとなく不安定な方へ

人のからだは常に揺らぎながらも体内の水分や塩分、糖分の濃度や量、あるいは体温や血圧を「ある範囲内」に保っており、その範囲を外れなければ命が危険な状態に陥ることはありません。 これをホメオスタシス(恒常性)といい、このしくみが備わっているために人は極寒の北極でも灼熱の砂漠でも生きていけるのです。 そして、このしくみを支えているのが消化器